RMR700-技術情報



Linux

CRONを使って定時にコマンドを実行させる (例.自動リブート)

  • 設定ファイル : /ro/var/spool/cron/crontabs/root
  • 設定方法 : 対象RMRへWebブラウザでアクセスし”Edit File"で上記ファイル名を指定する 
  • 設定例 : 以下の設定では毎日 3 時、20時30分の2 回、自動リブートを行わせています
# crontab for root
SHELL=/bin/bash
PATH=/usr/bin:/bin:/sbin:/usr/sbin:/usr/local/bin:/usr/local/sbin
#
# M H D M DOW	COMMAND
#
# Update WiFiAdmin rrds every 5 minutes
#
*/5 * * * *	php /var/www/admin/create-update-rrds.php > /dev/null 2>&1
*/5 * * * *	/usr/local/bin/meshzalive  > /dev/null 2>&1
0 3 * * *	/sbin/reboot
30 20 * * *	/sbin/reboot
  • 確認方法: 変更内容はRMRをリブートするまで反映されません。 RMRをリブート後、RMRへsshログインして"crontab -l"コマンドを実行し更新が反映されていることを確認します。 

Watch Dogタイマーの設定を変更する

  • 設定ファイル : /etc/modules
  • 設定方法 : 対象RMRへWebブラウザでアクセスし”Edit File"で上記ファイル名を指定する 
  • 設定内容 "margin="でタイマー満了時間を秒単位で指定する。出荷時の値は300秒としていますがこの値を変更可能です。"nowayout=1"は変更しないでください
    註:あまり小さな値を設定すると起動直後にタイマが満了してリブートを繰り返すことになりますので注意してください。60秒以上を推奨します。
    # watchdog device
    scx200_wdt margin=300 nowayout=1

有線ネットワークインタフェースのIPエイリアスを設定する

RMR700シリーズには有線インタフェースが一つしかないため、PCと接続させたいけれど、サブネットの違う別のコンピュータにもアクセスしたい時などに少し不便に感じることがあります。
そこで、1枚のNICに複数のIPアドレスを持たせる、IPエイリアスを設定する方法を紹介します。設定する方法はコマンドラインで打つ。もしくは/etc/network/interfacesファイルを変更する方法の2種類です。

  • コマンドライン
    $ifconfig eth0:0 192.168.1.100 broadcast 255.255.255.0
  • /etc/network/interfaces
    auto eth0:0
    iface eth0:0 inet static
    	 address 192.168.1.100
    	 netmask 255.255.255.0
    	 broadcast 192.168.1.255
  • 消去する場合
    $ifconfig eth0:0 del 192.168.1.100

同様にeth0:1,eth0:2と増やしていくことも可能です。

無線LAN 関連

WEPパスワードの設定

RMRではASCII文字でパスワードを設定された場合、小文字のアルファベット[a- z]、大文字のアルファベット[A-Z]、数字[0-9]が使用可能です。
パスワードの長さは5文字、13文字、16文字のいづれかを選択して設定可能です。
以下は/etc/network/interfacesのWEPキー設定例です。ASCII文字で設定される 場合、s:"キー"のように頭にs:が必要です。

  • 設定例
    (5文字) pre-up iwconfig ath1 key s:123ab
    (13文字) pre-up iwconfig ath1 key s:1234567890xyz

16進数で設定された場合、16進数の値[0-f]が使用可能です。 パスワードの長さは10桁、26桁、32桁のいづれかを選択して設定可能です。

  • 設定例
    (10桁) pre-up iwconfig ath1 key 1234-5678-90
    (26桁) pre-up iwconfig ath1 key 1234-5678-90ab-cdef-1234-5678-90

ダイバーシティ・アンテナ構成のオン・オフ設定

ダイバーシティHW構成(オプション)でRMRをご利用いただいている場合は以下のファイル設定でダイバーシティ機能のオン/オフが可能です

  • /etc/sysctl.conf
    # WLAN ダイバーシティ構成ではない場合 (wifi0の場合)  
    dev/wifi0/diversity = 0
    dev/wifi0/rxantenna = 1
    dev/wifi0/txantenna = 1
    #
    # WLAN  ダイバーシティ構成の場合 (wifi0の場合) 
    dev/wifi1/diversity = 1
    dev/wifi1/rxantenna = 0
    dev/wifi1/txantenna = 0
    [注意事項]
    ご利用先でHW構成をダイバーシティ構成に変更することはケーブルコネクタ損傷が発生しやすい為、行わないでください。当作業に伴う障害については保証対象外となります

Access PointでMACアドレスフィルタリングを使う

[注意事項]
本機能はatherosカードをお使いの場合のみ、使用できます。

RMRをアクセスポイントとして使用する際、セキュリティの観点などから、指定したmacアドレス以外の接続を許可しない事が可能です。
ath0がアクセスポイントとして設定されていると仮定します。

  • フィルタのテーブルをリセットします。
    $iwpriv ath0 maccmd 3
  • MACアドレスフィルタリングを有効にします。
    $iwpriv ath0 maccmd 1
  • 接続を許可するMACアドレス(00:11:22:00:11:22)を登録します。
    $iwpriv ath0 add_mac 00:11:22:00:11:22
  • テーブルから登録したMACアドレス(00:11:22:00:11:22)を削除します。
    $iwpriv ath0 del_mac 00:11:22:00:11:22

Access PointでステルスESSIDを設定する

[注意事項]
本機能はatherosカードをお使いの場合のみ、使用できます。

RMRをアクセスポイントとして使用する際、セキュリティの観点からESSIDをブロードキャストしたくない場合には以下のように設定することで、ESSIDのブロードキャストを止めることができます。

$iwpriv ath0 hide_ssid 1

RMRの起動時に設定される場合は以下を参考にして、interfacesファイルを書き換えてください。

auto ath0
iface ath0 inet static
	 pre-up wlanconfig ath0 destroy
	 address 192.168.1.1
	 netmask 255.255.255.0
	 broadcast 192.168.1.255
	 pre-up wlanconfig ath0 create wlandev wifi0 wlanmode ap
	 pre-up iwconfig ath0 essid "accesspoint" channel 1 
	 pre-up iwpriv ath0 hide_ssid 1

Virtual Access Pointを使う

[注意事項]
本機能はatherosカードをお使いの場合のみ、使用できます。

atherosチップ用のドライバである、madwifiはカード一枚に対して、仮想的に複数のアクセスポイントを作成することができます。インタフェースを作成する際、wlanconfigコマンドは以下の書式になります。

wlanconfig [インタフェース名] create wlandev [無線カード名] wlanmode [モード]

無線カード一枚に対して、ath0(アクセスポイント)、ath1(アクセスポイント)を作成する時は

$wlanconfig ath0 create wlandev wifi0 wlanmode ap
$wlanconfig ath1 create wlandev wifi0 wlanmode ap

のようにして、インタフェースを作成し、個別にIPアドレスやSSIDを設定します。カードは1枚ですので、wlandevの引数が同じ"wifi0"になります。 また、interfacesファイルの書式はリンクを参考にしてください。

その他

シリアルコンソールのボーレートを変更する。

RMRは標準でボーレートが19200bpsに設定されているため、出力される際に少しコマ送りになります。そこで、RMRのシリアルボーレートを57600bpsに変更してみます。
[注意事項]
本ドキュメントの内容に基づき、導入、設定、運用を行なったことにより損害が生じた場合でも、弊社はその損害についての責任を負いません。あくまでお客様のご判断にてご使用ください。
BIOSの設定などを変更しますので、慎重に作業を行ってください。

  1. BIOS
    BIOSの画面が出てる間にCtrl+Pを押します。
    comBIOS ver. 1.28  20050529  Copyright (C) 2000-2005 Soekris Engineering.
    net4801
    0128 Mbyte Memory                        CPU Geode 266 Mhz 
    Pri Mas    128MB  ATA Flash Disk         LBA 977-8-32  125 Mbyte
    Slot   Vend Dev  ClassRev Cmd  Stat CL LT HT  Base1    Base2   Int 
    -------------------------------------------------------------------
    0:00:0 1078 0001 06000000 0107 0280 00 00 00 00000000 00000000 
    0:06:0 100B 0020 02000000 0107 0290 00 3F 00 0000E101 A0000000 10
    0:14:0 168C 001B 02000001 0116 0290 08 3C 00 A0010000 00000000 11
    0:15:0 168C 001B 02000001 0116 0290 08 3C 00 A0020000 00000000 05
    0:18:2 100B 0502 01018001 0005 0280 00 00 00 00000000 00000000 
    0:19:0 0E11 A0F8 0C031008 0117 0280 08 38 00 A0030000 00000000 09
    comBIOS Monitor.   Press ? for help. 
    >
    以下のコマンドでボーレートが変更できます。電源をぬき差しして、再起動すると変更されます。
    > set ConSpeed=57600
  2. grub
    $remountrw
    $vi /boot/grub/menu.lst
    default 0
    timeout 3
    serial --device=/dev/ttyS0 --speed=19200 --word=8 --parity=no --stop=1
    terminal serial
    title RMR_Thinktube Partition 1
    root (hd0,0)
    kernel /boot/vmlinuz root=/dev/hda1 console=ttyS0,19200n8
    speedやconsoleの19200をすべて57600に変更。
    default 0
    timeout 3
    serial --device=/dev/ttyS0 --speed=57600 --word=8 --parity=no --stop=1
    terminal serial
    title RMR_Thinktube Partition 1
    root (hd0,0)
    kernel /boot/vmlinuz root=/dev/hda1 console=ttyS0,57600n8
  3. システム
    $remountrw
    $vi /etc/inittab
    以下の行を探します。
    # Example how to put a getty on a serial line (for a terminal)
    #
    T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyS0 19200 vt100
    #T1:23:respawn:/sbin/getty -L ttyS1 9600 vt100
    これを57600に変更。
    T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyS0 57600 vt100

再起動したらターミナルソフトのボーレートも57600に変更しておきます。ifconfigコマンドなどで出力が早くなったのを確認してみてください。BIOSの設定を変更したく無い場合には2,3だけ変更してもOKです。(ただし、BIOSの画面で文字化けします)

コメントはありません。 コメント/RMR700-技術情報/拡張機能?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-23 (月) 10:31:21 (1826d)